Home | 昨日・今日の様子 »

2018年4月13日

はじめてのオクラ栽培

子どもたちに野菜栽培を知ってもらおうと、初心者のお父さんが野菜栽培を思い立ったのが3週間ほど前のこと。
最初は「ピーマンを栽培したい」と、子どもが主張するのでピーマン栽培を調べていたのですが、なかなかどうして難しそう、ということで、子どもと相談の結果、オクラに落ち着きました。

「無事に芽が出てくれた」

あらかじめ購入していたオクラの種と腐葉土、園芸用軽石以外にも、種から栽培するにはポリポットが必要と追加購入したのが4月7日(土)。
一式揃ってからその日に種まきをし、今日で一週間が経過したところでした。

IMG_1289.jpg

子どもからは「まだ芽が出ないね~」と言われはじめたのが昨日の4月12日(木)。種を蒔いてから6日が経過したころでした。あまり気にしていなかったお父さん。さすがに気になりインターネットで調べてみます。すると。。。。

  • オクラの種の殻は固いので、あらかじめぬるま湯に浸けて1日置きます。浮いた種は良い出来ではないので沈んだ種を選びます。
  • オクラの種を蒔いて、4日~5日ほどで発芽します。

と書いてあります。
やってないよ、そんなこと、、、と思いながら蒔き直しを覚悟していた中での発芽だったので、とても安心しました。

<栽培する環境>

  • マンション住まいなので、プランターを活用して栽培していきます。

<ここまでで注意してきたこと>

  • 水はけのよい土壌づくりをする。(下に軽石を敷いて水はけをよくし、その上に腐葉土を敷く)
  • 発芽適正気温が25度~30度とあったので、ポリポットは基本的に家の中に置いてました。
    室内だと大体15度~25度を保てるだろうと思った次第。
  • 朝、しっかりと水やりをする。
  • 晴れて外の気温が25度を超える予報が出てた日は朝から外に出し、日光に当てるようにしました。
    日が沈むまでに室内に戻してます。

サイトによっては、簡易ビニールハウスを作って、適正気温になるように工夫をしている方もいらっしゃいましたが、こんな方法でも発芽できるんだ、と少し安心しました。

<これからは>

  • 引き続き、芽が成長するように気温に注意して育てる。
  • それなりに大きくなってきたら、成長の弱い芽を間引き、一つのポリポットに1株になるようにする。

やることはまだありそうなので、サイトを巡りながら試行錯誤していきます。

この記事について

このページは、システム管理者が2018年4月13日 22:00に書いた記事です。

次の記事は「昨日・今日の様子」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。